コドミン

ADHDの診断や薬って、どんな感じなんだろう?

 

ADHDの症状が出て、いざ診断を受けるとしましょう。

 

まずは、どのお医者さんにかかればいいのか、
どんな薬で治療していくのか…

 

わからない点を、友人の実体験をもとにお伝えします!

 

 

 

心療内科か精神科に行こう!ADHDの診断

 

 

まずは、ADHDの診断をしてくれる病院やクリニックの問題です。

 

受診するのは、「心療内科」や「精神科」になります。

 

ここでチェック項目や問診をした後に、
ADHDかどうかの診断が行われます。

 

 

ただ、1回病院に行って、
すぐにADHDの診断が降りるとも限りません。

 

知人の1人は、すぐには診断を出してもらえず、
数回に分けて通院し、経過をみて診断を下されていました。

 

 

発達の様子を見なければいけないものなので、
確かに納得がいきますね。

 

つまり、診断は焦らずにお医者様にお任せしましょう。

 

 

 

どんな薬をつかうの?ADHD薬の詳細!

 

 

さて、ADHDの治療には、
カウンセリングなどのほかに、
ADHDに効くと言われている薬での治療もあります。

 

 

有名なのは、「コンサータ」と「ストラテラ」の2つです。

 

 

どちらも、ADHDの改善の薬として
有効な薬ですが、2つにはちょっとした違いがあります。

 

 

コンサータは、中枢神経に働きかけるので、
効果が現れるのが早いという利点があります。

 

そして、使い方に注意が必要な点や依存性がある事から、
資格を持った医師しか処方ができません。

 

 

ストラテラは、中枢神経系ではないので効き目が遅く、
効き始めるまでに2週間ほど、安定するまでには6〜8週間かかります。

 

 

つまり、依存性は少なく
どんな医師でも処方できる薬になっています。

 

 

私の友人に、コンサータを飲んでいる
ADHD患者とストラテラを飲んでいるADHD患者がいるのですが、

 

2人に飲んだ感想を聞いてみたところ、
同じように効果を得られているようでした。

 

 

しかし、どちらも、食欲不振に悩んだり、
体重が減ってしまったり、
不眠や睡眠リズムの崩れに悩んでいる様子も見受けられました。

 

 

やはり、薬は一長一短なところがあるのだなと感じました。

 

 

 

薬は副作用が怖い!たくさん飲まなくするためには?

 

 

日常生活に影響が出てしまう場合は、
ADHDの薬は有効と言えます。

 

ですが、副作用があるのも事実です。

 

 

出来ることなら、日常生活に支障が無い
レベルにするまでの薬の量を減らしたい、
あまりたくさん薬を飲みたくない。

 

 

そう考える方もいらっしゃるかと思います。

 

 

そこで提案なのですが、サプリメントで脳の機能を補い、
生活の質を上げるのはいかがでしょうか?

 

 

ADHDに効くサプリメントの「コドミン」は、
脳の機能を上げてくれる栄養素

 

「ホセファチジルセリン」という成分が豊富に含まれ、
集中力や記憶能力、心の落ち着きに効くと言われています。

 

 

薬の副作用が怖い場合は、
こちらから始めてみて、様子を見るのも良いかと思われます。

 

 

 

 

注意して頂きたいのは、
コドミンには即効性が無いということです。

 

 

コドミンは、数ヶ月服用することで効果を発揮するサプリメントです。

 

 

ですので、ADHDの診断同様に焦らず、
まずは続けてみる事が必要になります。

 

 

それで、どうしても症状が治まらない場合は、
薬の補助を考えてみるのも良いでしょう。

 

 

ADHDに効くサプリメントの「コドミン」の公式サイトはコチラ!

 

       

 

コドミンの公式サイト!


ホーム RSS購読 サイトマップ