コドミン

ADHDにアスペルガー併発?よく似ているけど何が違う?

 

 

発達障害の中のひとつである、ADHDとアスペルガー症候群。

 

「うちの子は、ADHDなの?アスペルガーなの?」

 

「症状は出ているけど、どっちがどっちなのかわからない!」

 

「もしかして、うちの子はADHDとアスペルガーを併発しているんじゃ…?」

 

 

など、色々お悩みの方もいらっしゃるかと思います。

 

まずは、ADHDとアスペルガーそれぞれの症状を見ていきましょう。

 

 

 

ADHDとアスペルガー、それぞれどんな症状なの?

 

 

では、最初にADHDの症状を簡単に見てみましょう。

 

 

1.多動性

 

じっとしている事が難しく、常に動き回っていないと落ち着かない

 

 

 

2.衝動性

 

後先を考えずに、思い立った事をすぐに行動してしまい、失敗を繰り返す

 

 

 

3.不注意

 

注意力を長い時間保つことが難しく、忘れ物や無くし物が後を立たない

 

 

 

ADHDは、以上の3つが症状として現れます。

 

この中から、強いものを診断して、
「不注意型」など、細かい分類もされてゆきます。

 

 

 

次に、アスペルガーの症状を見てみましょう。

 

 

・コミュニケーション能力

 

表面上の会話は可能だが、
会話の裏を読み取ったり間を読むのが苦手。

 

言葉を鵜呑みにしてしまったり、
適度な距離感を図れない場合が多い。

 

 

 

・対人関係の問題

 

場の空気を読むのが苦手で、相手の気持ちを汲み取ったり、
気を遣った言葉をかけるのが困難。

 

その場のルールを無視して行動してしまい、
対人関係がうまくいかない。

 

 

・限定された物事への執着

 

こだわりがとても強く、一度興味を持つと過度に集中してしまい、
それに関しては強い集中力や記憶力を発揮する。

 

法則が乱れることを、極端に嫌うことも。

 

 

 

ADHDとアスペルガーって、併発するの?

 

 

ここまで、ADHDとアスペルガーの症状を見ていただきました。

 

よく考えてみると、
どちらも少し近いものを感じますね。

 

 

実は、専門の医師でも、
ADHDとアスペルガーは似ているように見えてしまい、
診断がとても難しいものだと言われています。

 

 

そして、発達障害は併発しやすい事もあり、
ADHDとアスペルガーの両方を発症する人も少なくありません。

 

 

現時点での、ADHDとアスペルガーの一番の違いは、

 

「薬が開発されているか」の違いです。

 

 

ADHDには、コンサータやストラテラという、
根本的な症状を和らげる薬が開発されていて、

 

これを飲み症状が緩和され、
日常生活を問題なく過ごせる方も多くいらっしゃいます。

 

 

逆に、アスペルガーは、
周辺の症状を緩和してくれる薬はあるものの、
根本的な部分を解決してくれる薬は開発されていません。

 

相手の気持ちを汲み取りやすくなったり、
表現がスムーズに出来る薬がない!というわけですね。

 

 

じゃあ、うちの子の症状にはどう対処すればいいの?

 

 

では、たとえば、お子様が落ち着かなかったり、
すぐに口や手を出してしまったり、忘れ物や無くし物が多い…

 

そんな症状にお困りの場合、一体どうすればいいのでしょうか。

 

 

まずは、医師による的確な診断と
治療をしていただくのが一番ですが、

 

脳の機能を助けてくれるサプリメントを使うことによって、
症状を和らげるという方法もあります。

 

 

それに使える成分が「ホセファチジルセリン」です。

 

 

ホセファチジルセリンは、
大豆や牛肉に僅かしか含まれていない成分で、

 

心の落ち着きや、脳の血流を良くして、
脳機能を上げてくれる働きがあります。

 

 

それによって、注意力や判断力、
記憶力や集中力が底上げされて、症状が緩和される場合があります。

 

 

オススメしたいのは、
ホセファチジルセリンを効率よく摂れるサプリメント「コドミン」です。

 

 

コドミンは、お子様でも食べやすいラムネ味をしていて、
続けて摂取する必要があるホセファチジルセリンを効率よく、
続けやすい事で評判になっています。

 

 

コドミンの詳細は、コチラでご確認ください!

 

      

 

コドミン公式サイト!


ホーム RSS購読 サイトマップ