コドミン

遺伝なの?ADHDを抱えていくという生き方とコドミンのすすめ

 

 

注意欠如多動性障害、ADHD。

 

落ち着いていられなかったり、
思った事を口に出してしまう事でトラブルを巻き起こしてしまったり、
忘れ物、なくし物が絶えなかったり…。

 

 

まだまだ、ADHDが世の中に知られておらず、
理解も得られない生きづらい社会です。

 

「それは、あなたの注意が足りないから」

 

「あなたの甘えだ。努力が足りない」

 

「元々の性格に、最近は病名をつけたがるから」

 

 

私の知り合いのADHD患者が投げかけられた言葉です。

 

世間一般のADHDに対する理解とは、
現状このようなものなのです。

 

 

しかし、ADHDは決して甘えや
元々の性格で片付けられるものではありません。

 

 

言ってしまえば、「脳のバグ」による、
れっきとした「発達障害」なのです。

 

 

ADHDは一生ものだと言われています。

 

では、その一生の生き方を一緒に考えていきましょう。

 

 

 

ADHDって、いつからなるものなの?

 

 

 

では、このADHDは、いつどのようなタイミングでなるものなのでしょうか。

 

ADHDは、遺伝による先天的なものが多いと言われています。

 

実際のお医者様から聞いた診断の項目にも、
「家族に精神疾患を抱えている人はいるか」というものがあるそうです。

 

 

遺伝子の異常による発症も、可能性として高いようです。

 

 

他にも、稀に脳への感染症や外傷が
原因で発症する事もあるようですが、
遺伝の可能性が一番高いというのは変わりません。

 

 

発症や診断がはっきり行われるのは、
集団生活が始まる3〜4歳、6〜7歳頃と言われています。

 

集団の中で「この子は人と違う?」
と考え始めるところで、症状に気づくパターンが多いようです。

 

 

 

より生きやすくするために、出来る事!

 

 

では、この「脳のバグ」のADHDですが、
どのような生き方を見つければ良いのでしょうか?

 

 

ADHDは、その症状を抑えることにより、
日常生活に支障がないレベルまで持っていくことが出来るのです。

 

 

お医者さんでの治療や、
サプリメントでの脳の機能の底上げによって、
ADHDの症状を抑えることが十分にできます!

 

 

 

脳の機能の底上げには、何が有効?

 

 

脳の機能の底上げにとても役立ってくれる成分があります。

 

それは、「ホセファチジルセリン」という成分です。

 

 

これは、脳の血流を改善し、
脳細胞を活発にすることによって、
脳の機能を向上させてくれる役割があります。

 

 

脳の機能の向上の詳細は、
記憶力や注意力、判断力や集中力の底上げや、

 

気分が落ち込んでしまったり、
無気力や不眠などの「うつ病」に近い症状を改善してくれます。

 

 

 

さて、このホセファチジルセリンを
効率よく摂れるサプリメントがありますので、ご紹介します。

 

 

それは、「コドミン」というサプリメントです。

 

 

コドミンは、1粒で1日に必要な量のホセファチジルセリンが含まれています。

 

これを継続して摂取することで、
脳の機能の向上が見込まれます。

 

 

気になる方は、一度公式サイトをご覧ください。

 

      

 

コドミン公式サイト!

 

 

ADHDを抱えて、より良く生きていくために

 

 

いくら気をつけても、注意して確認しても、
症状が出てしまって失敗する。

 

それを、周りの人に誤解されたまま過ごす。

 

これが、ADHDのとても辛いところです。

 

 

ですが、症状を抑えることで、生き方の幅が広がり、
少しでも楽に生きやすくすることができるのです。

 

 

 

生きやすくする方法を、模索していきましょう。

 

ADHDを抱えながら生きているのは、悪い事では無いのです。

 

自分らしく生きる!

 

その方法を、ゆっくり考えていきましょう!


ホーム RSS購読 サイトマップ