コドミン

多動性障害やADHD検査って、どこで受けられるの?

 

多動性障害、
通称ADHDと言われる発達障害。

 

 

症状としては、落ち着きがなかったり、
忘れ物や物を無くす事が頻繁に起こったり、

 

後先を考えずに行動してしまって、
人や物に損害を与える事が見受けられます。

 

まずは、多動性障害ADHDの検査がどのように行われるかを見ていきましょう。

 

 

 

ADHDの検査って、どこでできるの?

 

 

ADHDの検査、診断は心療内科や
精神科の医師による診察の後、診断が行われます。

 

 

知人のADHD患者から聞いた診断方法は、
まずは問診によって、

 

日ごろの生活で障害に思っていることや、
困っていることなどの詳しいお話をするところから始まります。

 

 

そして、多動性障害の詳しい数十項目のチェックリストを、

 

「YES、NO」で答えていき、
当てはまる個数を照らし合わせて、ADHDかどうかを判断します。

 

 

知人の場合は、別の症状で既に
長期間その病院に通っていた事もあり、

 

多動性障害の診断はすぐに降りたようですが、
一般的には、数週間〜数ヶ月の通院・問診によって判断され、
1回通っただけではすぐに判断されないようです。

 

 

このような、発達障害や精神的なものの診断はデリケートなので、
他の症状と診断の間違いがないよう、
1回で診断が降りる事はあまり無いようです。

 

つまり、焦って答えを医師に問い詰めてはいけません。

 

 

自分の置かれている、
自分に降りかかっている状態を、正しく診断してもらい、
適切な治療に取り組む事が必要になってきます。

 

 

 

いざ、ADHDと診断されたらどうなるの?

 

さて、いざ医師にADHDや多動性障害だと
診断された場合はどうなるのでしょうか。

 

まずは、日常生活に支障が
出ているかで治療の方針が変わります。

 

 

日常生活に支障が出ていない程度の場合は、
はっきり言いますと治療の必要はありません!!

 

他人より、症状が出やすい一般の人として過ごせるため、

 

「自分はこれに気をつけなければいけない」

 

という意識を持つだけで、かなり状況は改善されていくようです。

 

 

逆に、日常生活に支障が出るレベルで症状が出てしまっている。
この場合ですと、医師の判断による治療が始まります。

 

 

内容としては、カウンセリングなどによる、
本人の考え方の改革、周囲(主に、保護者になります)の

 

理解を深める「ペアレンツ・トレーニング」
そして、一番スタンダードな投薬治療が挙げられます。

 

 

ただ、ADHDの薬はとても薬価が高いという点があるようです。

 

そして、種類によっては依存性があるという話も。

 

なるべく、強いミリ数の薬を使いたくない、副作用が怖い。

 

 

そのような場合は、医師に相談の上にはなりますが、
サプリメントの使用も検討される方が良いでしょう。

 

 

ADHD症状に効くサプリメント「コドミン」は、
副作用がなく安心して続ける事ができます。

 

そして、国内工場での製造なので、
その点も安全にご利用いただけますね。

 

 

もしも、ADHDと診断されて、薬を増薬したくない!

 

その場合は、コドミンの導入も検討されてみるのも良いかと思います。

 

     

 

ADHD対策のサプリがあった!


ホーム RSS購読 サイトマップ